1. Appleのデバイスとプラットフォームが持つ生体認証機能(Touch ID または、Face ID)を活用することで

  セキュリティを簡単に守ることができます。

2. 生体認証機能とConMas i-ReporterのユーザーIDを紐づけることで、確実な作業ログが残せます。

  さらにConMas i-Reporterのグループ権限と組合せることで便利でかつセキュリティがより強固になります。

3. ConMas i-Reporterの機能の組合せ、既に構築されているシステムと組合せることで不正を防ぎます。

例えば、課題解決アイディア集に掲載されているような品質・検査管理業務において、生体認証機能、ネットワーク後続ロック機能、ConMas Gatewayと組み合わせることによって、 生体認証された作業者と製品の組み合わせに

よる検査の資格有無の判定、及び資格有の場合のみ以降の記録が可能というような運用が 可能になります。

いつ生体認証が使えるのか
今すぐ使う

Ver.7.3へバージョンアップ

ConMas i-Reporter未導入の方は、

無料トライアルをお試しできます。

※ i-Reporterアプリで生体認証機能を使用するためには、事前に、iPhone/iPadにおいて、Touch ID または、Face IDのいずれかの

  設定を行っておく必要があります。


※ i-Reporterアプリでは、iPad、iPhoneで設定した生体認証の方法(Touch ID または、Face ID)を使用します。


※ i-Reporterアプリで生体認証機能を使用するには、iPad、iPhoneが各ユーザーの専用端末として運用する必要があります。

iPad、iPhone

生体認証

対応モデル

Touch ID に対応している iPhone と iPad のモデル

Face ID に対応している iPhone と iPad のモデル

iPad、iPhone

での生体認証の設定方法

iPhone や iPad で Touch ID を使う

iPhone や iPad Pro で Face ID を使う

記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

© CIMTOPS Inc. ALL RIGHTS RESERVED.